FC2ブログ
Profile
Author:180
この名前にピンっ!と来ても
そっとしておいてください。_(._.)_

FC2 Blog Ranking
■OniCarcass
  2008.05.28
 200 OniScavenger!!!!!!!!!

■Template Last Checked
  → 2009.8.20
NewEntries
Categories
MonthlyArchives
Links
TrackBackPeople =FFXI=
RecentComments
TrackBack
BlogInfomation
Search
|ω・`)
==== 多発する垢ハックについて ===
Windows版FFをプレイしている限り、今でも常に被害と隣合せです。
下記リンク先を読んで自衛することをお奨めします。

rァFFXI Virus問題 まとめサイト

「今日は無事でも明日は危険!!」
忘れられた代償
ドラゴンが飛んでいる



新エリアの過去のボスディン氷河にちょこっとだけ来てみた。


さすがに過去の敵は強い様に作られてるだけに、どいつもこいつも絡まれたらお星様にされてしまうくらいな強さの敵ばかり。

ドラゴンみたいなのが飛んでいるからって見とれていると、空の壁に埋まったドールや海のクラゲの様に手厚い歓迎を受けて涙を流したり流さなかったり。


少し人だかりができてると思えば、

せいうち



青魔道士によるジャバ○ハットのようなセイウチのショーだった。
いや、青魔道士がセイウチの芸を覚えているのか…。



他にはやっぱりタウルスがいたり、虚弱体質なデーモンにしかみえないガーゴイルがいたり、
きっとヴァーンの怨念に違いない変な首とか飛んでいた。
数年前、初めて氷河に来た時を思い出したくなる不気味さ。


ファングもできそうもないこんな物騒なところはサッサと退散したいところだが、
そもそもここに来たのもミッソンのため。

スポンサーサイト



夏休みの宿題は終わった
 


ばーじょんうpですよっ!と。
(公式)2009.7.21 バージョンアップ

「もうオレたち(開発チーム)ヤル気ないんだよな…」宣言をしてから初めてのVU。



で、今回の目玉はなんだっけ?
姉さん事件です。
リヴァイアサン


西門広場に沸く召喚NM“Reapertongue Gadgquok”が呼び出した召喚獣は
今回も“リヴァイアサン”だった。
会談
ストーリーテラー


みなさんこんばんは。


今宵は、とあるヒュム♀から聞いた、
暑い夏の夜に滴る汗も冷える“怪談”話をいたしましょうか。




<<!この物語はフィクションであり、登場人物(以下略>>
下半期から本気だす!
一口で。。。


ペ□リ




白鳥?白鷺?白烏?

「お~~~い!こっちに来てごらん?楽しいよ~~~♪^^^^^」
('v` ) ♪
ノ<<)  


どこどこー?


「エヘヘヘヘ、ホント~?」
≡≡≡ヽ( ・∀・)ノ






ガタンッ!!!

10秒おきに「/cmap」
実装されていたガード

ここが解放されてから約1年と半年。

まさか本当に出番が来るとは思わなかったよ~~

(Ringu-Tangu談)





存在はしていたが出番がなかったRingu-Tangu。
今日までの約1年半は、一体どこで何をしていたんでしょうね?
HigeとINTの関係
 

ついーーんあたーーーっっく!!

ついーーんあたーーーっっく!!



悪魔のケツめがけてダブルスマッシュ。
ミスラだけどエース狙います。
コートの上では泣きません。



なんかイロイロ混ざってるように思えたあなたは『虹と雪のバラード』が歌える世代。
また赤い。
ワープの判別


ちょっとばかり色が違ったって、どれがどこに飛ぶのか分かりにくいワープの造り。
全てを間違えることなく把握してる人がいたら誉めてあげたい。
『アルザタール海底都市群の住人』とか名乗ってくれ。


ナシュモに行きたい場合は、右上から左>左。
船長暗殺に行きたい場合は、左上から右1回。

よく分からないINTな人はこれだけ覚えておくんだ。
これだけでもなんとかなる…はず。



ワープに次いでここで謎なのは、どう見ても水圧に耐えれなさそうな窓ガラス。
そもそも物理の法則が成立してないヴァナディールだから理屈じゃないんだと思う。
深く考えるだけ無駄ってやつかい。




しかしだ。



ここは「海底都市」なんだ。
屋内(海中)なんだ。




なぜ“天気”があるんだ?
赤より青を求められる
オーディン

「矢でも鉄砲でも持ってこ~~っい!!」




『将を射んと欲すればまず馬を射よ』

武将を射とめたいのなら、まずその乗っている馬を射とめよ。
つまりは目的を果たすためには、その周囲にから手をつけていかなければならないという意味。




『将をINTよん?とすれば、不味い馬を煮よ。』

実際に攻撃が当たってるのは全部乗っている馬であって、
必殺技を使うときにも律儀に予告するオーディンは実は弱いのではないか?(頭も…)
とりあえずあの馬肉はスジばって硬そうなので、コットリグツグツ煮た方が美味しそうだ。